IFAナビ×資産運用の無料相談窓口マッチング数52,000件突破!

IFA
選び方
わからない

金融機関
オススメの
金融商品
失敗した

自分にとって
最適な
資産運用を
知りたい

そんな皆さまへ

お客さまのご要望をもとに、
信頼できる
IFA
(独立系の資産運用アドバイザー)を
無料でご紹介

あなたに最適なIFA
資産運用無料相談をしませんか?

資産運用相談者の満足度、知人に相談したいと回答した方

※2021年11月に実施した自社調査「お客さま満足度アンケート」より

IFA資産運用サービス
活用ブックの内容とは?

※資料請求ボタンよりお申し込み後、
すぐにダウンロードできます。

※数量限定のため、お申し込みはお早めに

無料 資料請求する

IFAへ無料相談する
メリット3選

金融機関に相談する場合

IFAに相談する場合

IFAに相談する場合

自社の利益を優先した営業活動は行いません。顧客本位の中立的なアドバイスが期待できます。

金融機関に相談する場合

営業員は高いノルマを課されているケースがあるため、会社が儲かる商品や運用方法を提案する可能性があります。

IFAに相談する場合

原則として転勤がないため、長期の視点でアドバイスが可能です。従って、長期的な信頼関係の構築が期待できます。

金融機関に相談する場合

担当者が2~3年で転勤するケースが多く、長期的な関係性の構築が困難です。

IFAに相談する場合

IFAは資産運用アドバイス以外にも、保険、不動産、住宅ローン、相続・事業承継などのサービスを提供している場合もあります。従って、資産運用以外の相談も可能です
※IFAにより対応範囲は異なります

金融機関に相談する場合

銀行や証券会社など大手金融機関の場合、組織として提供するサービスや体制があらかじめ決められています。従って、富裕層顧客のカスタマイズサービスを除き、お客さまの多種多様なニーズに柔軟かつ機動的に対応することができない事もあります。

資産運用の無料相談窓口とは?

資産運用の無料相談窓口は、
「IFA選びのプロ」です。
専属のコンシェルジュが、
お客様のご要望や目標を個別でヒアリング
し、
最適なIFAをご紹介するサービスです。

当サービスでは、全国で開業しているIFAの中から、独自の基準を設けて、優良なIFAのみと提携しております。ご紹介差し上げるIFAは、ファイナンシャルプランニングをベースとして、最適な資産運用のご提案いたします。また、保険、住宅ローン、不動産、相続・事業承継などにも対応可能です。お気軽にご相談ください。

資産運用の無料相談窓口が
選ばれる3つの理由

コンシェルジュによる
最適なIFAのご紹介
専属のコンシェルジュが、お客さまのご要望や状況を電話かメールにてヒアリングし、最適なIFA選びをサポートします。
マッチング数は
52,000件突破
当社では、金融機関とお客さまのマッチングをサポートしており、その数は年間に52,000件(※)を超えます。圧倒的な実績とノウハウをもとに、本サービスを提供しています。(※当社経由で金融機関へ顧客を紹介した合計数です。)
相談料は無料
資産運用の無料相談窓口は、IFAからいただく紹介料により事業活動を行なっておりますので、お客さまから紹介料をいただくことはありません。また、ご紹介するIFAとの相談料も無料です。気軽にご利用頂けます。

数字で見る
資産運用の無料相談窓口

数字で見る資産運用の無料相談窓口
Q.当サービスの満足度を教えてください。
Q.当サービスからアドバイザーを紹介した後は、どうなりましたか?
Q.当サービスをご家族やご友人に紹介したいと思いますか?

※2021年11月に実施した自社調査「お客さま満足度アンケート」より

サービス品質保証

サービスの品質を保証するため、
本サービスからの紹介にご満足いただけない場合、
何度でもご納得いただける資産運用のアドバイザーをご紹介いたします。
その際も一切費用は頂戴いたしません。

完全無料。回数無制限

信頼できるIFAの基準

全国に存在する数多くのIFAの中から、ご自身に最適なアドバイザーを見極めるのは至難の業です。お客様が安心して資産運用の相談ができるよう、ご紹介するIFAに独自の基準を設けております。

サービスお申し込みの流れ

STEP 1無料相談のお申し込み
お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。
電話相談とメール相談のどちらかをお選びください。
STEP 2IFAのご紹介
【電話相談の場合】
お申込後3営業日以内に、コンシェルジュが電話にてご連絡を差し上げ、お客様のご要望をヒアリングします。その後、最適なIFAをご紹介いたします。
【メール相談の場合】
申込フォームの設問にご回答ください。お申込後3営業日以内にメールにて最適なIFAをご紹介差し上げます。
STEP 3IFAとの無料相談
ご紹介したIFAから、無料相談のご案内を差し上げます。ご登録の電話番号かメールアドレスへ連絡を差し上げますので、必ずご対応ください。IFAとお客さまの間で日程調整をしていただき、無料相談を実施します。

当サービスについて
よくあるご質問

Q

なぜ、資産運用の無料相談窓口は、完全に無料で利用できるのですか?

A

当サービスは、お客さまのニーズに合ったIFAをご紹介するサービスです。当社がご紹介したIFAとお客さまがお取引を開始されることで、IFAから紹介料を頂戴して事業運営しておりますので、お客さまの費用負担は発生いたしません。

Q

資産運用の無料相談窓口は、地方居住者でも利用できますか?

A

はい、利用可能です。専属のコンシェルジュによるヒアリングは電話にて実施しております。そのため、地方居住者の方もご利用いただけます。オンライン相談を実施しているIFAのご紹介も可能です。ご希望の際は、気軽にお問い合わせ下さい。

Q

紹介されたIFAが気に入らなかった場合、契約を見送っても問題ないですか?

A

はい、問題ございません。万が一、ご紹介したIFAの提案に納得できない場合は契約をする必要はありません。

Q

運営会社の株式会社想研とはどのような会社ですか?

A

各種金融メディアを発行・運営している企業です。全国のIFAに対してさまざまな情報提供を行うほか、業界関係者が多数集まるセミナー『日本IFAフォーラム』を開催するなど、IFA業界を熟知しています。

Q

オフショアの生命保険に関する助言をしてくれるIFAを紹介できますか?

A

保険業法により、海外旅行保険等一部の保険商品を除き、外国保険業者が国内で保険業を営むためには、国内に支店等を設け、監督当局から免許を受けなければなりません。従って、当サービスの提携IFAはオフショア生命保険に関する一切の助言ができません。予め、ご了承ください。

IFAについて
よくあるご質問

Q

IFAとは何ですか?

A

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略で、金融機関から独立して活動し、アドバイスを行う資産運用の専門家です。内閣総理大臣の登録を受けて、金融商品取引業者(証券会社等)の業務委託を受け、有価証券の売買等の媒介等を営むことができます。証券会社から商品の提供や法令遵守の管理を受けますが、その証券会社に勤務をしている訳ではありません。そのため証券会社の方針やノルマに縛られずお客さま本位のアドバイスができます。

Q

IFAのビジネスモデルについて教えて下さい。

A

IFAは証券会社と業務委託契約をする事で、投資信託、株などの金融商品の仲介ができます。複数の証券会社と契約できるため、より中立的な立場から金融商品を選ぶことができます。ビジネスモデルについては、以下の図を参考になさってください。

ビジネスモデル
  • ①お客さまの状況やご要望などをヒアリングし、金融商品のアドバイスと提案を行います。
  • ②提案にご納得いただいた場合、IFAが提携している証券会社に口座を開設します。
  • ③現金や有価証券のやりとりはIFAを経由せず、お客さまと証券会社で直接実施いただきます。
Q

紹介されたIFAへの相談料は、無料ですか?

A

原則、弊社からご紹介するIFAとの初回面談(ヒアリング)は無料ですが、それ以降は有償となる場合があります。

Q

紹介されたIFAには、どのような内容を相談できますか?

A

資産形成・運用に関わる相談のほか、保険や不動産投資、住宅ローン、相続・事業承継などの相談にお応えするIFAのご紹介も可能です。お金や投資に関する包括的な相談をいただけます。

Q

紹介されたIFAとの相談はどこで実施するのでしょうか?

A

お客さまとIFAでお決めいただきます。主に、ご自宅への訪問、IFA法人のオフィス、オンライン相談とお考え下さい。IFAによっては、初回面談はオフィスのみで対応という場合もございます。

Q

紹介されたIFAとの所要時間は、どのくらいでしょうか?

A

お客さまの相談内容によりますが、1時間30分〜2時間を目安としています。お客さまの資産運用を考える際にポイントとなる「人生設計」を把握するには、IFAがお客さまの状況を正しく理解することがとても重要です。ある程度のお時間を頂戴することになります。

Q

土日や祝日でも相談できますか?

A

土日祝日の相談が可能なIFAもご紹介もできます。IFAにより営業日が異なりますので、IFAに相談の上、ご都合の良い日程をご調整下さい。

Q

IFAが倒産したら、自分の資産はどうなるのですか?

A

資産の預け先はIFAではなく提携する証券会社となるため、IFAが倒産しても、直接資産に影響は及びません。また、証券会社には、顧客の資産と自社の資産を明確に区別して保管する「分別管理」が金融商品取引法により義務付けられています。万が一、提携証券会社が破たんしても、預けられた資産は保護されますので、ご安心ください。

Q

海外居住者によるIFAサービスの利用はできますか?

A

IFAが業務提携している証券会社は、国内に住民票のある方を対象として、証券口座の開設およびサービス提供をしています。従って、海外居住者(日本の住民票がない方)へのサービス提供はできかねます。