閉じる

閉じる

IFAの基礎知識

IFAとして働いている人のバックボーン

いま、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として働いている人には、どんな人が多いのでしょうか。

IFAの業務の中心となるのは、ざっくり言えば「資産運用の相談と提案」です。そのため、証券会社の外務員をはじめ、保険代理店や銀行など、金融機関の営業職から転身する人がほとんどを占めます。
最近では、保険代理店やFP事務所がIFAの資格を取得し、IFAを兼ねる会社となるケースも増えています。

顧客の資産状況を把握するための傾聴力、マネープランや金融商品を提案するための豊富な知識と提案力の双方が必要とされるため、未経験者の採用、転身ともに極めて少ない状況です。

信頼できる資産のアドバイザーに出会うIFAナビ IFA関連記事を豊富に提供するフィナシー